HOME > 熱処理 > 冷間鍛造工具

熱処理

冷間鍛造工具

靭性と耐摩性を重視して、ハイス鋼種の特性を生かす熱処理を追及

工具寿命の安定化工具寿命の改善検討で稼働率の向上

工具寿命の安定化

  • フォーマーの稼働率安定を優先。高工具寿命以上に、命数安定が課題。
  • より工具への負荷も厳しくなり、軟鋼からボロン鋼や合金鋼へ。難形状への取組みなど。
  • 環境問題への配慮から、潤滑油切替。
  • 多品種生産では、超硬合金に代わり、高コバルト系ハイス、粉末ハイスの利用例が増加。
  • コーティングはTiCからTiCN、TiN。そして複層コーティングに進化。
  • アンダーハードニング、靭性焼戻しなど、熱処理技術も進歩。

ハイス焼入れライン分単位の焼入れ加熱がハイスを生かします

ハイス焼入れライン

直熱式ソルトバス炉

直熱式ソルトバス炉の温度範囲は1000~1300℃
実効寸法はφ250x380

本加熱

塩浴予熱槽により2段予熱の後、直熱式ソルトバスにて本加熱。均一な昇温で、変形を防止しています。

小型塩浴焼もどし炉

多数の小型塩浴焼もどし炉を設置。鋼種と目標硬さに応じて、焼もどし温度をロット毎に設定します。

吊下げ加熱

焼曲がりを防ぐために、品物を針金で縛り、吊下げ加熱。また焼入れ後、曲がり矯正をすることもあります。

pagetop