HOME > ニュース > 2018年 > 1月1日にハイテック精工株式会社が千葉テレビで放映されました

ニュース

ニュース一覧に戻る

2018/3/1メディア1月1日にハイテック精工株式会社が千葉テレビで放映されました

ハイテック精工が「ビジネス・スタイル・スペシャル」で取材を受け2018年1月1日放映されました。

1964年創業のハイテック精工株式会社代表取締役社長熊谷正喜氏に聞く

金属の焼き入れ「熱処理事業部」と製造工場のオートメーション機器の設計製造の「自動化システム事業部」の2本柱で半世紀以上、空港、高速道路などアクセス抜群の千葉鉄工団地で躍進し続けています。

ハイテック精工株式会社代表取締役社長熊谷正喜氏

熱処理事業とは

工具、金型、機械部品を高温に熱し空冷することで硬度が増す「金属熱処理」のこと。ソルトバスを使用し金属の歪みや反りを軽減しています。量が多くないと処理をしないといわれるなかで、ハイテック精工は熱処理宅配便によって1個からでも受注しています。

熱処理事業

自動化システム事業部は

「オーダーベルトコンベア」でニーズに合わせて1本から設計・製造しています。「ロボットシステムインテグレータ」として製造するコンベアに組合せ組立加工ラインを設計・製造しています。

自動化システム事業部

モノづくりはヒトづくりから

若手の育成や技術継承を目的とした職務訓練と「ものづくり道場」の実施。 熱処理事業部においては国家試験の熱処理技能士を取得。
受注生産を熱処理、自動化も基本に、より一層特化していき、お客様との信頼関係を強固にしていくことがハイテック精工のスタイルといえます。

ものづくり道場

pagetop