HOME > 熱処理 > 重要機械部品

熱処理

重要機械部品

重要機械部品の精密熱処理で、機械の信頼性を向上

強靭性を確保
SC材、SCM材の焼入れ焼戻し。
後加工性への配慮
熱処理変形の抑制と曲がり矯正。
耐磨耗性を得る
肌焼鋼(SCM415)〜中炭素鋼を浸炭焼入れ。浸炭防止も重要。ねじ穴、下穴、ねじ部などに防炭処理を施します。
その他の熱処理
窒化処理、高周波焼入れ、フレームハードニングなど

焼入れ冷却は180℃低温塩浴を使用し、肉厚部品でも深部まで焼きが入り、さらにマルクェンチ方式なので歪みと硬 さむらが少ないことが特徴です。

浸炭焼入れライン塩浴マルクエンチで曲がりを軽減します

加熱サイクル例

適注式ピット炉

適注式ピット炉:浸炭濃度と深さを徹底管理。普通焼入れ(ズブ焼入れ)にも対応。有効寸法:Φ600×900H

防炭処理

ねじ部などの必要箇所に、予め防炭処理を施します。処理品の寸法・形状そして変形などを考慮しながら、治具にセットします。

焼入れ槽

焼入れ槽:180℃の塩浴焼入れです。油冷却に比べて均等に冷却出来、焼割れ、変形を最小限に抑えます。

職人の手作業による焼曲がり矯正

処理を行うと、曲りなどの変形が起こる場合が多いので、職人の手作業による焼曲がり矯正で、必要精度に仕上げます。

pagetop